九州自然歩道歩行で健康を!アウトドア同好会!

東海自然歩道歩行記録

    

 6月1日   7時07分 高尾山登山口出発。

高尾山登山道の舗装された1号路横にある案内図を
左手に見ながら登って行く。
すこしずつ急になりジグザグが始まる。
傾斜が緩やかになるとリフトの駅が左手にある。



右手には高尾登山鉄道の高尾山駅がある。








  108段の石段を上り、すこし行くと薬王院という寺院
に着く。この中を行く。
本堂、奥ノ院と通り抜けて行く。
やがて高尾山ビジターセンターに着く。





  山頂の正面には富士山が見えている。

木で作られた階段を下って行くが歩き難い。
良く整備された登山道であるが整備され過ぎの感じ
である。城山までの途中にも休憩ポイントがあり
テーブルが設置してあり、トイレもある。



  城山には大きな茶店があり、なにも持ってこなくても
食事には困らないようである。

城山から弁天橋への下山口。
静かな登山道が半分位下った辺りから高速道路の
騒音が聞こえて来てうるさい。
やがて民家のあるところに降りてきて国道20号を渡り
下って行くと弁天橋が見えて来る。

  弁天橋。

狭い道を下って行く。






  弁天橋からの相模川。

舟から釣りをしている人がいる。

弁天橋を渡り、急なコンクリート道を登って行き養護
学校の横を通り車道に出る。
右へしばらく行くと右に休憩所があり左へ上るルート
があり嵐山まで800mとある。

  嵐山山頂。

真下に相模湖が見えている。
アンテナ基地と神社が祀ってある山頂である。
見難いが富士山も見えている。
ねん坂への下りはアップダウンがある下りで疲れが
出てきたところなのできつい。
ねん坂の陸橋を渡り右へ左へと行き山路へ入る。
再び車道に出て顕願寺の駐車場を通り行く。
  小石の混ざった大きな砂岩がありそれぞれに名前が
ついている。
そんな中を登って行くと車道に出ると右手に顕願寺が
ある。
家族連れ20名程が寺院の横の広場にて食事をして
いる。



  石老山 顕願寺。
石老山へは左手より登って行く。

石老山はこの顕願寺の山号名から名付けられたそう
ある。

途中の休憩所にて昼食にする。
最終到着の時間が気になり始める。

  石老山山頂。

4組20名程の人が食事中である。
ここからも富士山が見えている。

篠原へ着いてから石砂山へ行くかを考える事にし
出発する。


 
  篠原着。

左手に行ったところに篠原のバス停あり。
次回ここまで来るのも面倒なので石砂山へ向かう。
車道を7〜800m行くと左へ小川を渡り登山道に入る。
快調に歩いて行く。
山頂まで300m地点から急こう配になり進みが遅くなり
立ち留まることも。

  誰ひとりいない石砂山山頂。

下りも急である。どちらから来ても最後は急坂である。
菅井への分岐点より先がすこし上りがあったがあとは
下りのみ。
やがて車道に合流。半分着いたみたいな気持ちで橋を
渡った。
あとの上りがきつかったがバスの時間の30分前に
着いた。
しばらく、休憩。
 
  16時07分 西野々のバス停着。

次の方向を示す案内版である。






                         

更新日 2013年6月2日

お気に入りに追加 !

リンク先

アウトドア同好会

九州自然歩道

お問合せ先

joken-car.ocn.ne.jp
-を@変更して下さい。
あなたの愛を
1クリックで救われる命があります。